ゲームは不得意な♀が好きになったゲーム

ゲームが得意な人って羨ましい。
ゲームをするまでは手先が器用な方だと思っていたけど、ゲームだけはできない。
マリオも楽しめない。
手先が器用なんじゃなくて、“凝った作業ができる”だけだったんだなあ。
ゲームのペースに合わせてプレイヤーを操るのが相当下手くそ。つまりほぼ全てのゲームが下手くそ。
それでも、自分のペースでできるポケモンとか、どう森とかならハマれた。

大学生の時に喫茶店でアルバイトを始めた。
繁盛する昼の時間帯以外は、キッチン1名とホール1名で回しているお店だ。

夜勤の時によく一緒に組むキッチンの女の人は、20代後半~30代前半の可愛い系おねえさんで、
「ゲームやるの? 私ほんとうに苦手で一つもできたことない」と言うので、DS「おいでよ どうぶつの森」を勧めてみた。
セーブデータが1つだから自分のソフトを貸すことができず、「もしハマらなかったら申し訳ないなあ」と思っていたのだが、
次に会った時に、見事ハマったという報告を受けた。

「なんかタヌキに家のローン組まされたし(笑)」とか、
「村の住人にめっちゃイケイケな犬がいて、しつこくアピールされる(笑)。私モテモテ(笑)」とか、
「サソリに刺された!」「黄色いヘルメット被ったモグラに怒鳴り散らされた!」とか…。
とにかく「どう森」の“スローライフ”を満喫してくれたようで、開発者でもないのにめちゃくちゃ嬉しかった。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

崩壊したアメリカを歩く

核戦争で滅びた世界。SF小説や映画でおなじみのこの設定。それを見事に描いたゲームが「Fallout3」です。Falloutシリーズで様々なゲームハードに展開した作品で、知っている人は知っているというゲームです。
アメリカ合衆国と中国の核戦争によって文明の崩壊したワシントンD.C.。避難場所であったvoult101を追い出された主人公は、そうなった原因である父親を追って、放射能汚染で荒廃したアメリカを歩く。導入はこのような感じで、簡単なチュートリアルを終えた途端、オープンワールドである地上に放り出されてしまう。素直に父親の足取りを追うもよし、広大な荒廃した大地を歩き尽くすもよしと本当に自由です。
このゲームの特徴は前述したオープンワールドともうひとつ、所狭しと散りばめられたドラマとブラックジョークです。ドラマなんて普通にあるでしょ! と思ったあなた、そうじゃないんです。ただ転がった死体、地面の血痕、落ちている物、そこにいるモンスターのそれぞれに物語があるのです。しっかりと説明されるものもあれば、なにも描かれないものもあり、憶測の域を出ないものもあるのです。そして、風変わりな言い回しとブラックな冗談の数々。荒れ果てた世界の不気味さに負けないほど、その世界の住民が不気味でユーモラスです。
もちろん、ゲームシステムも作り込まれていて、数十時間どころか、気付けば総プレイ時間が百時間を超えていたなんて当たり前な名作です。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類